2010年05月09日

PowerMateのRAMパリティエラーで往復の運転12時間、復旧作業は12分

やっぱり1日で12時間も運転すると、体中の筋肉がこわばってしまってなんとも言いようのない疲労感が残ります。
今までもそうでしたが、連休明けは機械のトラブルが多いもんです。

今回はFANUC PowerMateDが立ち上がらなくなってしまって復旧のために兵庫県まで出張でした。
911 DRAM PARITY なんて、マニュアルを見たらDRAMモジュールを交換してくれって書いてあるけど、そんな簡単にできるわけないでしょ。

どうも原因は、連休中の電源関連の工事かバックアップバッテリーの低下のような感じです。でもテスターでバッテリーの電圧計ったら、3Vあるんだけど???

負荷につなぐとダメなのか?


ま、いずれにしてもバックアップ用のフラッシュメモリーを持っていないお客さんだったので、私の手持ちのデータを入れるため(その前にRAMクリアもしなくっちゃ)に6時間かけて行きました。

現地でやることはわかってたので、まずはX+Oを押ながらの電源投入・・・でNCが起動してきたのであとはPMCの転送。

作業時間が12分というのは大げさですけど、6時間運転後の感覚としてはそんなもんです。実際、30分後には機械を動かしていたので。

しばらく稼働確認して、バッテリー交換するまで電源切らないようにお願いしての帰り、ちょうどいいタイミングで北陸道の徳光PAに到着。

日本海に沈む夕日を見ることができました。
徳光PAの夕日


ちょっと風が冷たかったですが、久々に見た夕日はまん丸じゃなく、ちょっとつぶれた形でした。





posted by やすだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ファナック Power Mateの修理基板を海外から輸入してみました。

FANUCのPower Mateといっても古いタイプで、もう日本ではお目にかかれないと思います。ま、どこかに眠っているかもしれませんが、保守部品すらあるのか無いのか・・・

PowerMate CPU基板


この他にも基板を取り寄せましたが、高額だったため税関でストップしてました(汗)
今回輸入(逆輸入?)した型番は次の通りです。

A16B-2200-0490/07D (写真のCPU基板)
A16B-2300-0021/02B (I/O基板)

・・・

なにせ今までの輸入(個人輸入も含めて)では20万円以上のものはありませんでしたから、今回が初体験です。ファナックのCPU基板に限ったことではありませんが、輸出入に関わる事業者は、輸出入の届けとか許可とか申請が必要です。

今回は面倒だったし、急いでいたのでEMSサービスを取り扱っている日本郵便(元の郵便局)に代行委託しました。

中身は何か? とか、何の目的で使うのか? 日本製なのか? どこへ持って行くのか? などなど・・・
結構細かく聞かれました。

たぶん、自分で書類を作るときはこんなことを書いて申請(申告)するんでしょう。

実はUPS経由でも荷物が一つ届くことになってます。

こちらは特急で送ってくれ!  と、頼んだのに、向こうの税関で書類不備のため数日ストップしていたようです。

なんとか今週中に届くようなので、ホッとしてます。


しかし、中古といえど高いよね・・・
税金だけで○万円でしたから。
もちろん、動作保証付で買ってます。




posted by やすだ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

FANUCのEPROMからラダーを印刷する

ROMアダプタ
最近、海外からの問い合わせがたびたびあります。何かと言うと、「ファナックのROMからラダーを印刷できないか?」という内容です。こんな時のシステムはたいてい、FS-3(3M,3Tとか)、FS-6(6Mとか)、シリーズ11,15,0などで、フラッシュROM内蔵タイプになる前のものでEEPROM(紫外線で消去してからROMライターで書きこむ)が刺さってるタイプです。

ROMを送ってもらえばできないこともないのですが、輸送中に紛失したり破損したりという可能性もあるので、必ずバックアップROMを作るようにお知らせしたりします。

それに、回路は印刷できても回路コメントなどは当然わからないので、その辺はできません。
それから、手持ちでP-Gのシステムが無い機種もありますから、全機種対応できるわけでもないです。

機械メーカーは新しいシステムを装備した機械を売りたいのが本音ですが、今の状況は「中古品の最大活用」でしかありません。海外からの問い合わせが、なんで現地で処理されないのかと不思議に思ったことがありましたが、どうやら現地でもそんな「ツール」が揃ってないということのようです。

だから彼らは「日本だったら何でもできる」ということを信じて問い合わせをしてくるみたいです。 そりゃまあ、日本中探しまわればできるでしょう。
でも今時機械メーカーですら「P-G? 処分してないよ〜」なんて平気で言ってるところがあるくらいなので、そんなのに対応すること自体が時間だけかかる=お金にならない。という図式のため、まじめに取り組むところが減っているのでしょう。

ファナックも結局、設備メーカとは取引してますが、ふつうのユーザーは全く相手にしないというポリシーですから、エンドユーザーが路頭に迷うのは無理もないですね。
さらに、機械が中古となって転売、転売・・・じゃだれが面倒みるの? って、見る人いませんよね。

今まではここで「じゃ新しい設備を」となったんですが、状況は変わってきています。機械メーカーも、自社製の死にかけた機械をグローバルにメンテします! ぐらいの考えをもってくれてもよさそうなもんですが。

こんなことを考えているのは、私だけでしょうか。







posted by やすだ at 09:48| Comment(2) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

久々すぎて覚えてないFANUC SYSTEM P-MODEL G の使い方

ファナック P-GFANUC SYSTEM P-MODEL G・・・いったいさわるの何年ぶりか?
もう20年近く使ってないよ・・・


ということで、案の定、全く使用方法を思い出せませんでした。

LOADキーでシステム読み込んで、エーッとラダーのデータをフロッピーから読むのは・・・あ、その前に入力デバイスを選んでおいて、ん〜、コマンドは・・・


何だっけ???


まったくのアホです。

すっかり覚えてません。

マニュアル探して、借りて来なきゃ使えません・・・


なんだかんだと、PC-98のFAPT LADDERぐらいだったら多少は覚えてるんですけどね。

人間は、覚えるより忘れる方が得意らしいですから無理もないですね。

と、自分を納得させて今日の仕事は終わりにしよう・・・




posted by やすだ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

NCプログラムってこんな感じ

NCプログラム例

NCプログラムってこんな感じです。これは結構長いプログラムで、あるマシニングセンタの加工プログラムの一部です。

一部なのでこれだけでは何をやっているのかわかりませんが、雰囲気はつかんでもらえると思います。

これからNCプログラムを勉強するのであれば、まずは設備に付属している(はず?)の取説を熟読するべきです。機械にはできることと、できないことがあるので、それをまずは覚えましょう。

できないことを機械にやらせようと、がんばってNCプログラムを作っても実行できない可能性があります。

G△△ なんていうGコードも、隣の機械では使えるけれど、こっちでは使えない。なんてことはしょっちゅうです。
機械、設備の仕様を確認してから、能力に合わせたプログラムを作る事が必要です。

一般的な事は本屋さんで立ち読みして覚えます。それでもわからないことは、わかる人に聞いてみましょう。よほどの事がなければ教えてくれるはずです。

実際に機械で試してみるのもいいアイデアです。NCプログラムを作ったら、まずはドライランなどで試してみましょう。機械が壊れずに、無事に終了すれば第一段階クリアです!


さあ、あなたも今日からNCプログラマーに!





posted by やすだ at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。