2008年05月15日

こんなとんでもない観覧車に乗ったこと、あります? パート2

パート1からの続きです・・・


なぁんだ、観覧車か・・・
最初はそう思ってました。
ところがそれが大間違いだったことに気づくのに、さほど時間はかかりませんでした。

そう、日本じゃ絶対ありえない乗り物に乗ることになろうとは、そのとき全く想像できなかったのです。・・・



本当は実物を見てほしいのです。

本当は実物に乗ってほしいのです。

本当は実物に乗って気持ち悪くなってほしいのです!!!




・・・そうなんです、日本では絶対あり得ない観覧車の特徴、それはほんとうに恐ろしいものです。ただ、現地の人たちはおもしろがって乗ってます。これもおそろしい話です。

写真もないのでわかりにくいですが、みなさん、この後は1行ずつ読んだら必ず目を閉じてその観覧車を想像してください。いいですか、いきますよ。


特徴:
1.パッと見た目は少し小さめの観覧車

2.回転する一番高いところは、ビルの5〜6階程度の高さ

3.乗るゴンドラには、屋根がありません

 ※コーヒーカップの回るやつがあるでしょう? あれを想像してください。観覧車なのに乗るところはコーヒーカップですよ!!!

4.人の入れ替えは一度にされます。すべての人をおろした後、順番に新しい人を乗せて、すべてのゴンドラ、いやカップに人が乗った時点でスタートします。

5.回転し始めますが、速度が・・・めちゃめちゃ は・や・い です! 

 ※屋根なしゴンドラで風を切って回ります!
  ゴンドラの速度は、・・・そうコーヒーカップより早いくらいです。とにかく観覧車レベルの速度ではありません!

6.時間制。つまり一度乗ったら、時間まで降りることはできない。

7.ということで乗ってから降りるまで、何回も何回も観覧車が回ります。

 ※日本みたく、1周したら降りるわけではないです。

8.そして、日本の観覧車にはない装備があります。

9.屋根なしのためか、安全上の理由からかゴンドラ、いやカップの対面している座席の間、中央部につかまれるようハンドルがついています。

10.と、思ったのは間違いでした。

11.なんとそのハンドルを回すと、コーヒーカップのようにゴンドラ、いやカップが回転し始めます!

12.つまり・・・

観覧車としての回転運動(垂直方向での高速円運動)+コーヒーカップでよくあるゴンドラ自身の回転運動(水平方向への回転)が、とんでもない相乗効果を生み出します!


13.その結果、いままで経験したことのない冷や汗と気持ち悪さがこみ上げてくることになります。風を切って、景色を見る余裕は完璧に無くなります。

14.現地人は喜んでます。

15.シートベルトもありません。

16.ぜひ、実体験してください。





しつこいようですが、もういちど想像してください。

形は観覧車、動き方もほぼ観覧車。

だけど、回転速度が異様に速い!

さらにゴンドラは屋根なしのコーヒーカップ!

観覧車の垂直回転運動+コーヒーカップの水平回転運動。

1周で終わらず、数十回、時間制で回転し続ける。



あなたも、こんな恐怖味わってみませんか。。。。。。




posted by やすだ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

こんなとんでもない観覧車に乗ったこと、あります? パート1

今回は出張ネタです。
しかも、数年前のです。

なんで今頃書くの???


って・・・思い出したからです(^^;)


それは2003年から2004年にかけてのことです。
某T自動車の仕事でインドネシアはジャカルタに出張したことがあります。たしか出張カテゴリで昼食の写真を載せたことが有るはずですが、どの記事か忘れました! 興味があったら左サイドバーのカテゴリ「旅行・出張」からさがしてみてください。


で、話はジャカルタでの遊園地体験です。

インドネシアの首都ジャカルタで遊園地体験したことがある人はいますか?  そもそも、インドネシアならバリ島だろ? って思いますよね。でも思いっきり仕事(出張)だったので、そんなところには行ってません。

まあでも土日は基本的に休み(といっても出勤してたけど)なので、自由行動できます。ただその頃はイスラム過激派による「テロ」が頻発していて、世界各地で緊張感が高まっていました。

当然ながら、アメリカ寄りの日本人もターゲットにされていたはずです。なので「人の多く集まるところ、とくに欧米人が多いところへは行かないように」と日本人スーパバイザーには警告文書まで発行されていました。



そんななか某社のお付き合いでカラオケに行く羽目になった私(達)は、案の定カラオケ屋のお姉さん方と仲良くなって日曜に「遊園地」へ遊びに行くことになったのでした。
ここです(by Wikipedia)アンチョール


今調べたら、ホームページもあったのでリンクしておきます。かなり通信が遅いですけど・・・無理に見ないでください。
ここ(www.ancol.com)



実は行ってびっくりだったのが、めちゃくちゃ広いんです! 中には水族館とか遊園地とか食堂(?)やらなんやらいっぱいあるんです。ジャカルタのディズニーランドと言ったイメージでしょうか。

時間をかけてなんだかたくさん歩いきました。なかなかおもしろかったです。・・・で、夕方近くなって、「ある乗り物」に乗ろうということになりました。それが観覧車です。



なぁんだ、観覧車か・・・
最初はそう思ってました。
ところがそれが大間違いだったことに気づくのに、さほど時間はかかりませんでした。

そう、日本じゃ絶対ありえない乗り物に乗ることになろうとは、そのとき全く想像できなかったのです。・・・


パート2へ続く・・・




posted by やすだ at 20:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

突然、大連に行ってきましたが、この鍋料理・・・なんて言う名前でしたっけ?

週末に仕事で中国・大連に行ってきました。
取引先の人と夕食に行きましたが、大連では有名な鍋料理の店というところにいきました。

なんでも、鍋自体は古くからあるとか歴史があるとか聞きましたが、
忘れてしまいました。
今度調べておきます〜

ちなみに写真は、まだ鍋しか出てきてませんが、このあとはおなかいっぱい食べさせてもらいました。
肉、野菜、魚、麺・・・その他が出てきます。

日本で言えば、しゃぶしゃぶのような感覚。

大人4人、子供一人で飲んで食べて、日本円で6000円ほどです。
たぶん日本で同じだけ食べたら3万円近くするかも・・・です。

大連の鍋





posted by やすだ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

旅行ではなくて出張ですが、1年たってまた中国、南京に行くことに・・・

ま、タイトルのとおりです。

昨年、南京に行ったときも同じ時期でした。

1年ぶりということです。

最近、ブログの更新をサボっているので、

これについては、また書きたいと思ってます。





posted by やすだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

広島に行ってきました。

出張で広島にいきました。
暑かった・・・

最終日には少し時間の余裕があったので、仕事は早めに切り上げ。
駅前から、路面電車で「原爆ドーム前」まで150円。
降りるときに現金で支払います。

路面電車駅前乗り場



今まで「現物」を見たことが無かった、通称「原爆ドーム」と
その周辺施設を見てきました。
原爆ドーム

思っていたよりも、修復というか補強がされていたので
驚きましたね。
やっぱり、元々の破損状態だといつ崩れてもおかしくない。
ということでしょうか。

今は「原爆ドーム」として名前が知られていますが
元々は、広島県産業奨励館として存在した物だそうです。
知らなかった・・・

テレビでよく見る、近くの平和記念公園、広島平和記念資料館も見学。

資料館は入場料50円と激安です。
中では、当時の貴重な資料や遺品などが展示されています。
当然ながら英語の解説ビデオなどもあり、外国の方も
たくさん来ていました。

見学途中で閉館時間(PM6時)になってしまい、
ゆっくり全てを見られなかったのですが
なんとも衝撃的な印象を受けました。

悲惨とか壮絶とか、ありきたりの簡単な言葉では
表現しかねる思いです。

私も含めて、戦争未体験世代には
ぜひとも時間をかけて見学するべき施設だと
感じましたね。








posted by やすだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。