2008年02月18日

NC通信でVB使う予定はなかったのに。 実はパート1






Windowsの開発言語は年々新しくなっていますが、私がいまだに使っているのはVB6です。設備関係の仕事では、まだ「VB6でソフトの改造を・・・」ってことが多々あるので、流行に遅れまいと新しいバージョンにするってことはできません。専用にPCを1台準備すればいいじゃないかと言われるでしょうね、ごもっともです・・・。

ま、とにかくそんなわけでVB6しか知らない(というかVBもWindowsも全然わかってない)私が今回トライしたのは、NC加工機へ転送するNC加工プログラムなどのデータを瞬間編集するソフトです。瞬間編集といっても、やってることは「NCプログラムの最初の1行をコメントアウトする」ということだけです。オペレータがわかりやすく、できるだけ単純な操作で行えるというコンセプトのため、PCのデスクトップ上で、ファイルをドラッグ&ドロップしてもらえばOKというスタイルにしてあります。

ちなみにNCプログラムの場合は通常、コメントは括弧( )でくくります。左括弧(がコントロールアウト、右括弧)がコントロールインと呼ばれ、括弧の中はいろいろなコメントを書くことができます。NC装置は、プログラムの先頭から順に1文字ずつ見ていき、いったん左括弧が出てきたら次に右括弧が出てくるまでを注釈として扱い、機械の動作に影響を与えない部分であると解釈します。

結局のところ、人間が作業してもさほど苦にもならないような「ちょい作業」をVBで作ったソフトにやらせています。この「苦にならない程度の作業」自体はパソコンを操作できる人がやれば「ちょちょいのちょい」で終わります。おそらく1分程度でしょう。・・・が、とかく生産現場ではいろんなことを考えたり作業したりしないといといけないので、ちょっとでも面倒なことは減らしたいというのが本音です。人がマウスでクリックして、キーボードでちょっと編集したら済むことでも、半自動化してソフトにやらせるため、その方法と手順を整理して考えなければなりません。VBを使おうが何を使おうが、ソフトで自動的にやらせるってのは、以外と面倒な手順を踏まないといけないものです。
posted by やすだ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

メール添付ファイルが読めない、開けない






私の使っているメールソフトは、OutLookとかOutlookExpressではないのでトラブルになったことはないですが、パソコン買った時に無料で(本当に無料なのか?)ついてくるこれらのソフトを使っている人の中には、結構トラブルがつきもののようです。

先日も、お客さんのところで「図面データをメールでもらったのに、ファイルが開けない」といったトラブルがあって、見てきました。

パソコンは、NECのデスクトップで、OSがWindowsME。

数日前に電源を入れた後、なにやらメッセージがでてきたのでとにかくそのまま「アップデート」をしたらしいのですが、何をアップデーとしたのかわからないらしく、結局、お伺いすることになりました。

最初は、セキュリティソフト(ウィルスセキュリティがインストールされてました)のアップデートでファイルが隔離されたのだろうと思ったのですが、そんなログはありません。

セキュリティソフトの仕業でないとすると、何?

メールのソースファイルでは、ダウンロード(受信)されてるのでパソコンの中に入っているのは間違いありませんでしたが、私もOutLookExpress使ったことが無いので(^^;)・・・

で、現象をいろいろみたところ、どーもやっぱりOutLookExpressの仕業のような気がして、ネットで検索。

キーワードはずばり、「OutLook Express 6 ファイル 開かない」・・・
なんて単純な・・・と考えましたが結果、ズバリでてきました。

Googleでは、このページがトップ。ちなみにマイクロソフトのサポートページで、添付ファイルを開くことができない場合の対処方法にでてました。

YahooMSNでも似たようなページがでてくるので、結構トラブルが多いようですね。

ソフトのインストールやアップデートでは、初期設定でのセキュリティレベルが高い設定、つまり安全側になっているようで、これが使い勝手の悪さになってしまい解決できない事が多いみたいです。

しかし、マニュアルがなくてもインターネットで情報検索すれば答えが見つかるなんて、すごく便利なもんですね。

結局その他の打合せなどなど2時間程度おじゃまして、コーヒーまで出していただいて業務完了となりました。
なにかあればまた呼んで下さい!  ・・・ということで。

posted by やすだ at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

PLCとは?・・・って調べたら、えっ!? これは!?






今では一般的にPLCといえば、Power Line Communications。電力線を使ったデータ通信のことのようですが、業界変われば用語も変わる。
私たちの業界ではPLCとは、Programmable Logic Controllerですね。

ところが・・・

Wikipediaを見ると、他にもあるようです!
↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/PLC


こ、こんなにあるなんて・・・



学術的分野
・プラスチック
・パケット損失の一隠蔽法
・電力線搬送通信
・プログラマブルロジックコントローラ
・平面光回路

ビジネス分野
・商品ライフサイクルマネジメント
・株式公開企業
・Professhional Law Corporation
・Program length commercial

医学分野
・Pityriasis lichenoides chronica
・Phospholipase C

政治分野
・パレスチナ立法府 (Palestinian Legislative Council)
・ポーランド・リトアニア連合 (Polish-Lithuanian Commonwealth (1569-1795))
・カナダ自由党 (Parti Libéral du Canada) - カナダの政党の一つ
・(es:Partido Liberal Constitucionalista) ニカラグアの政党の一つ

言語学分野
・プラハ学派 (Prague linguistic circle)
・Phonetic loan characte

教育分野
・Platoon Leaders Class - アメリカ海兵隊士官学校の一つ
・en:Presbyterian Ladies' College[1] - オーストラリアの学校
・en:Pymble Ladies' College[2] - オーストラリアの学校

その他
・Psycho le Cemu(サイコ・ル・シェイム)-日本のロックバンド
・Pigmy Love Circus
・Patrol Leaders' Council




posted by やすだ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

DocuWorksViewer5.0.6で部分イメージコピーができない






FUJI XEROXのDocu Works Viewer 5.0.6 を使って、文章の編集をするときに、「部分イメージコピー」の機能がうまくいかない時がありました。

わけわからずにやってたところ、メニューの「表示」→「バインダーを通しページで表示」のところにチェックが入っていると、別ページのイメージがクリップボードにコピーされる現象がおきます。

すべてのPCの環境でそうなるか不明ですが、このチェックを消すことで正常にイメージのコピーができるようになります。

部分イメージコピーのメニューは、
「編集」→「部分イメージ」→「部分イメージコピー」ですが、マウスの右クリックからも同様に行えます。


ちなみに、「部分イメージコピー」のメニューが灰色になって使えないのは、メニューから「文章」→「アノテーション表示」のところにチェックを入れると使えるようになります。

それからコピーしたそのままのイメージで貼り付けるには、貼り付け時に出てくるダイアログから、「他のアノテーション」を選びます。

ダイアログが出ない場合は、メニューの「文章」→「OLE」→「貼り付けオプション」から同様に「他のアノテーション」を選択しておきます。
ここでは、ダイアログを毎回出すような選択も可能です。


posted by やすだ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

あなたのメール、嫌われているかもしれませんよ・・・

いまの生活や仕事に欠かせない電子メール。
あっという間に相手のところへ手紙をおくってしまう
すごい技術です。

が、しかし!

それを正しく生かすために、ルールがあることを知ってましたか?

文章の書き方は、とりあえず置いといて

実は電子メールには、

「使ってはいけない文字」が存在します。

メールは他人に読んでもらう物ですから、あらゆる人の
通信環境に適したように作るのがルールです。

次の文字は特別な事が無い限り、使用できないと思ってください。

(1)半角カタカナ
(2)半角のカギ括弧や句読点
半角カナ文字

(3)丸枠の数字文字
丸付き数字

(4)ローマ数字の大文字
(5)その他単位記号や省略文字
その他の文字



結構ありますね。

代わりの書き方としては、

丸文字の数字などは、(1)(2)のように
括弧でくくって書くようにします。

平成、昭和 などは漢字変換したそのままを入力。

単位記号はキロメートル、グラムなどと書きます。

半角カナには、代わりに全角カナを使用します。


他にも、NECのPC−98シリーズで使われていた
拡張漢字や、IBM互換機で使われていた拡張漢字には
使えない物が結構あります。

なんで使ってはいけないのかというと、簡単に言えば
文字コードと、その変換方法に制約があるからです。

日本語で書いたメールにこれらの文字を入れて送信して
日本語関係の文字コードをサポートしていないサーバーを通ると
受信した人は文字化けしてしまいます。





posted by やすだ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。