2011年06月08日

富士電機の昔のシーケンサ(PLC)のラダー用ROMを解析しました

20年前の富士PLC昔々の富士電機製プログラマブルコントローラ、FUJILOG-μy[mini]のシーケンスプログラムROMを解析しました。

こんなの今時だれもやりませんよねぇ。
だいたい、マニュアル(しかもコピーしたやつ)のメーカー記載の日付を見ると、1984年版。
私このとき高校生でしたわ(笑)

福島県のとある工場にあるFANUCの3M-C搭載木工ルーターに入っていたものですが、ラダーの編集をしようとしたら、書き換え不能・・・

マニュアル見ながらしばらくあれこれやっているうちに、もしやと思いカバーを開けてみると富士通のMB8516という16KビットのUV-EPROMを1個発見!
マニュアルに従ってROMを抜き取って電源を入れると、見事に編集できるようになりました。

しかし・・・

編集したあとはRAMでデバッグ運転できますが、最後はROMに焼かないといけない。さてどうやってROM焼く?
私も昔就職先でなんかやったことが有るような気がするんですけど、ん〜・・・全く覚えてない。
仕方ないのでROMは持ち帰り、内容を解析することにしました。

中のデータはPECKERというROMライター(リードや編集もできる)をもっているので、とりあえず中身を吸い上げてみると、・・・やっぱり意味不明。

さすがに16進ダンプじゃわからないよね〜、と思いつつもしばらくは手書きのラダーとダンプリストをにらめっこ。

小一時間ほどあれこれ考えている内に、ニーモニックの命令語と16進ダンプリストを比較すればわかりそうな気がして、エクセルにぽちぽちと入力してダンプリストとニーモニックを比較。
その後16進を2進数に変換して併記、同じ命令語同士や同じアドレスだけをフィルターかけて見てみると、共通のビットが浮かび上がってきたのでした!

おぉ! これだぁっ!

・・・

で、結果的にわかったことは

ビットの並びが
・パリティ :1ビット
・命令語  :3ビット
・NOTフラグ :1ビット
・以降はオペランド用

になっている。

はぁ〜なんとかこれで新しくROMが焼けそうですわ〜、あーしんど。昔の富士PLCのROM内容


さて、現地作業が終わりました。結果はOK!
貴重品の16KビットROMにラダーデータを書き込んで取り付けてきました。これで電源切ったままでも消えること無く安心です!
posted by やすだ at 15:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 制御・設計・ソフト・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。超簡単な機械設計に従事している者です。
電気を覚えたいのですがどうしたら良いか分からず、検索から辿り着きました。意味はよく分からないながらも記事を読ませて頂いています。名乗らず(会社にばれたくない為)、早速の質問とご相談で失礼致します。
現在中国に出向中で、そこの中国人同僚に電気技術者がいます。会社からその人に習って電気を覚える様言われました。が、電気や制御の基礎は大学で習ったものの、元々目に見えない物の理解が苦手でさっぱりでした。母語でも分からない物を片言しか理解出来ない言語で習得するのは相当厳しいです。
そこで日本語である程度電気、制御がどのような物かを理解したく、良い参考書等あれば教えて頂けないでしょうか。一次帰国時に入手予定です。本来は実務も通して覚えて行くのが良いと思うのですが、前述の状況で厳しいです。日本を含め、会社で電気が出来るのはその人1人で、周囲にも居ません。日本に居たら図書館や本屋へ行く事も出来るのですが…
突然で図々しいとは思いますがご教授頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。長文失礼致しました。
Posted by 入門希望者 at 2012年12月23日 23:57
こんにちは、コメントありがとうございます。
書店で購入されるならいろいろ立ち読みしてから選ばれるといいのではないでしょうか?
機械設計がご担当で、電気や制御が知りたいということであればシーケンス制御とかの本で良いと思います。
このブログの左上の方にAmazonにリンクした参考書籍のリンクがあるので、これを参考にして本屋さんで購入してみてください。
超簡単なものから結構つっこんだ内容のものまでいろいろあります。
何冊か購入しないとだめかもしれませんが、がんばって読んでみてください。
Posted by やすだ at 2012年12月24日 00:45
早々のご回答、どうもありがとうございます。”シーケンス”の説明を読んでも意味が分からい位のレベルでしたので非常に助かりました。
早速リンク先の参考書籍を参考にさせて頂き、何冊かAmazonで購入致しました。現物を確認してからがベストですが、日本滞在時間が限られていますので。ゼロからのスタートですが頑張ります。
これまで図面にシリンダやスイッチを付けた事はありましたが、電気的な意味、動かし方は全く分かっていませんでした。まずは全く見えていない電気の世界が見える事を目標に、いずれは自分で図面を描きそれを動かせる様に頑張ります。
又お邪魔させて頂き、勉強させて頂きます。どうもありがとうございました。
Posted by 入門希望者 at 2012年12月25日 01:00
はじめまして。機械保全の技能検定がらみで検索にヒットしまして、ブログを読ませていただきました。富士電機のシーケンサーは私もやりました。同じく富士電機のインバーターもやりました。高卒で入社して、3年目くらいのときですから、もう22年も前のことですが、機械科卒で電気の知識など、オームの法則くらいしかわからないのに、最初はモーメンタリー、オルタネートの違い、a接点、b接点、自己保持回路と某社のシーケンサートレーニングキットなるものを使い、勉強、三菱、オムロン、富士電機のトレーニングセミナーに行かせてもらい、最初に入社した会社には感謝しております。マニュアルを読んで読みまくって、シーケンサーにラダープログラムを書き込んで、いざデバッグ開始だ〜と思ったら、RUNしても装置不動で、残業の日々や徹夜勤務など、若かったからできましたが、今思うと懐かしい思い出です。プログラマー、電気回路図(動力回路・制御回路)作成と、主に半導体や液晶パネルのデバイスメーカー向けの仕事をしてました。技能検定がらみで、ネットワークエンジニアのCCNA資格取得向けのバーチャルラボ(昔そっちの資格を取得して転職を考えてましたが、CCNAのあまりの難しさに挫折してしまいましたが。)のようなバーチャルシーケンサーを使ってのトレーニングソフトを見つけたので、購入して1つの入力(モーメンタリーSWのa接点)を使い、ランプをON・OFFさせる回路をうろ覚えで入力して、書き込み・RUNさせたら正常に回路が動きました。昔取った杵柄というやつか、今でも基本は覚えているものだなあと実感しました。ちょこちょこまたブログを読ませていただきますので、よろしくお願いいたします。
Posted by バイク乗りの元制御技術者 at 2013年03月24日 16:08
初めまして、隣県の者です。齢50歳になります。
色々なことに挑戦されて、さぞ大変な思いをされて来られた方だと推測します。それ以上に達成もされておられるので、今があるとも思いますが。
ホームページも楽しくご拝読させて頂きました。
Fuji-Logは懐かしいですね、しかもROMを解析されて書換えるとは尊敬いたします。
私も、昔、三菱Fのローダーをパソコンで作れないだろうかと思って、GPPのファイルをダンプしたことがあります。当時(25年前位)はノートパソコンは在りましたが、三菱はFシリーズよりFXシリーズに移行しておりF用のローダーはプロコンもしくはGPPしかなかったものです。F-20Pには記憶装置が無く、(カセットレコーダーは使えましたが)GPPは重かったので出張は大変でした。
Posted by 老技師 at 2015年05月12日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208325168
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。