2010年05月09日

PowerMateのRAMパリティエラーで往復の運転12時間、復旧作業は12分

やっぱり1日で12時間も運転すると、体中の筋肉がこわばってしまってなんとも言いようのない疲労感が残ります。
今までもそうでしたが、連休明けは機械のトラブルが多いもんです。

今回はFANUC PowerMateDが立ち上がらなくなってしまって復旧のために兵庫県まで出張でした。
911 DRAM PARITY なんて、マニュアルを見たらDRAMモジュールを交換してくれって書いてあるけど、そんな簡単にできるわけないでしょ。

どうも原因は、連休中の電源関連の工事かバックアップバッテリーの低下のような感じです。でもテスターでバッテリーの電圧計ったら、3Vあるんだけど???

負荷につなぐとダメなのか?


ま、いずれにしてもバックアップ用のフラッシュメモリーを持っていないお客さんだったので、私の手持ちのデータを入れるため(その前にRAMクリアもしなくっちゃ)に6時間かけて行きました。

現地でやることはわかってたので、まずはX+Oを押ながらの電源投入・・・でNCが起動してきたのであとはPMCの転送。

作業時間が12分というのは大げさですけど、6時間運転後の感覚としてはそんなもんです。実際、30分後には機械を動かしていたので。

しばらく稼働確認して、バッテリー交換するまで電源切らないようにお願いしての帰り、ちょうどいいタイミングで北陸道の徳光PAに到着。

日本海に沈む夕日を見ることができました。
徳光PAの夕日


ちょっと風が冷たかったですが、久々に見た夕日はまん丸じゃなく、ちょっとつぶれた形でした。





posted by やすだ at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | NC ファナック FANUC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149319001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。