2009年10月01日

FANUC PowerMateD PMC-PA3がLADDER-3で通信できずに、結局・・・

大阪に行ってきました。

ファナックのパワーメイトDのソフト改造です。

'i' の付かないシリーズって実は久々なもんで、過去どうやってたか
ろくに覚えてないです。
自慢じゃないですが、物忘れはだれにも負けないと思ってます!

それで、FANUCのPower Mate D なんですが、あらかじめ調べてもらったところPMC-PA3。たしかパワーメイトDって、PA1、PA2とか有ったような気がします。
PMD.jpg
さらに古くPowerMate CはたしかPMC−Pだったような・・・いや、間違いかもしれません。


ま、ともかくPMC-PA3なのでパソコン用のフラッシュROMとか使えないし、RS232Cで通信ですね。
早速持参したケーブルをつないでアップロードをしようとしたんですけど、うまくいかない・・・

ケーブル接続違うんだったかも・・・などと考えつつ通信パラメータをいじりまわしたけど、結局うまくいかず。
時間ももったいないので予備でもってきたNECのPC-98を使う事になり、RS232ケーブルの接続。そしてアップロード・・・


おぉ! さすが98! 一発でうまくいきました。
ちょっと感動&一安心。

やっぱり98は手放せないですね。いざという時に必要になってしまいますから。
 

さて、現地改造の結果ですが・・・

なんとか当日中に完了しました。追加のご要望もありましたが全てクリアして翌日は静岡へ移動です〜





posted by やすだ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・出張 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。