2009年05月11日

制御技術と特許の関係 シーケンス制御も特許が・・・!

今時の制御技術はソフトウェアでのプログラミング、ハードウェアの構成など多岐にわたる技術を応用して成り立っていますね。

プログラム制御技術という面から特許庁でも一般向け・・・というか、利用者向け?に作られた興味深いページがあります。

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/map/denki09/frame.htm

タイトルは「プログラム制御技術」ということで、シーケンス制御やプログラマブルコントローラについても書かれています。 最近の技術動向を見るのにも参考になるのではないでしょうか。
ただし、全部読むのは時間がかかりそうです。覚悟して読んでね。





ラベル:制御 特許
posted by やすだ at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 技能検定・シーケンス制御 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味が湧く記事ですね。
頑張って読んでみます。
Posted by コウイチ at 2009年05月15日 22:50
コウイチさん、コメントありがとうございます
(^o^)/

がんばって読んでみてください。

私は・・・中断してます・・・orz

Posted by やすだ at 2009年05月18日 16:05
・・・中断してます。
かなり頑張らないと読み切れません。
Posted by コウイチ at 2009年05月22日 17:28
コウイチさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

こんな失礼な事を書いては
いけないのでしょうが、

・・・

・・・やっぱりですか・・・

・・・

お察しします・・・
Posted by やすだ at 2009年05月22日 17:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。