2008年09月17日

止めるシーケンスが難しい?

シーケンサ(PLC)でソフトを組む際に、機械や設備がちゃんと動くように作るのは当たり前なんですが、何かあったとき。 故障や事故が起きたときにどうするか? というのが「動作させる」シーケンスよりも気をつかうところではないでしょうか?
「動作させる」よりも「停止させる」、「うまく止める」とか「止めるための検出」などのようなところが難しい場合があります。

非常停止ボタンを押したら、ただ止めればいい・・・というわけにいかないものがあるのも事実ですし、止めるときには停止順序を守らないと設備の破損・故障・二次的な事故につながる場合もあります。

例えば、搬送で上から吸着してワークを運んでいるときに非常停止で吸着回路まで遮断したら、ワークが落ちてしまいます。

インバータ運転している物は、非常停止でインバータの電源までOFFしてしまうと減速できずにフリーラン状態になって、停止時間や停止距離が逆に伸びることもあります。

機械や設備の特性を考慮して、最適な停止方法を選ぶ必要がありますが、最近では地震などの際にエレベータを停止させる方法が変わったようですね。

ちょっと前までは、地震発生 → すぐに停止。。。なので、各階の途中で止まってしまい、救助されるまで時間がかかっていました。

最近では、地震発生 → 止まれる最短の階で停止。。。となったようです。

ただ止めればいいってもんじゃない・・・というネタでした。


P.S.
もちろんすぐに止めないといけない物もたくさんあります。





posted by やすだ at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 制御・設計・ソフト・ハード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
止め方。結構気をつけてますね。

>ただ止めればいいってもんじゃない・・・

改めて考えさせられました。
Posted by コウイチ@HDK at 2008年10月01日 22:46
コウイチ@HDKさん

コメントありがとうございます。
景気がいまいちな割にはチマチマとした仕事が結構あるので、意外と振り回されつつ忙しい・・・ですね。

車も、ただ走ればいいってもんじゃない・・・ということで、最近はエコドライブしています。

またコメントお待ちしてますね。
Posted by やすだ at 2008年10月01日 23:13
仰る通りですね。止めるのは難しい。論点は少し違いますが、後輩連中には常々言っている事が有ります。PLCの内部メモリ(リレー、レジスタメモリ)はsetよりもresetが難しいよ。って。PLCはいわばソロバンだと
考えています。1にしたら何時かは0にしなくちゃいけませんからそのタイミングは結構難しいと感じてます。
Posted by 本家伸市 at 2013年02月03日 01:38
本家さん
コメントありがとうございます。
いつリセットするのか・・・という問題も確かにありますね。仰るとおり意外と難しいです。

最近はおもしろい(と言ってはおかしいですが)仕事が少ないです。
ただ、やっとけばいい・・・的なものが多くて、やりがいがないですね。
自分でも反省点があると思うので、今年は改善していきたいです。
Posted by やすだ at 2013年02月03日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ村ランキングはこちら!
ブログランキング・にほんブログ村へ

RSS取得
Copyright(C)シーケンス制御で好きなだけPLC,PC,NCを使ってみよう
 by アネックソフト(株)安田

FANUC製のラダーで困ったらこちらをどうぞ→ PMCラダー屋.COM
ブログ記事は著作物です。記事や写真・デザインの無断引用・転用は法律で処罰されます。具体的には「10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」が課せられます! 気をつけましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。